マネックスFXのスワップポイント/特典/レバレッジ/スプレッドなど

マネックスFXでの取引のやり方や口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、取引通貨、特典、チャート、デモトレード、為替投資情報、口座開設の流れや、簡単な始め方を紹介。

マネックスFXで儲けるための7つのポイント

マネックスFXなら初めての人でも管理しやすいチャートとアプリで簡単トレード。米ドル/円のスプレッドは原則固定2ポイントでお取引OK!。証拠金の25倍までのお取引が可能。業界内でも非常に狭いスプレッドなので初めての口座にも安心。


マネックスFXでの取引のやり方や口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、取引通貨、特典、チャート、デモトレード、為替投資情報、口座開設の流れや、簡単な始め方を紹介。

マネックスFXのスペック表

★証券取引口座名正式名称

マネックスFX プレミアム


★トレード方法

インターネットブラウザ及びアプリケーション


★申込みできる対象者

満20歳以上で、自身に安定継続収入のある人や資産のある方、バイト・派遣・パートや学生の人、また本人の両親に毎月定期的な収入が見込める人。


★通貨ペア

USD/JPY (米ドル/円)
EUR/JPY (ユーロ/円)
GBP/JPY (ポンド/円)
AUD/JPY (豪ドル/円)
NZD/JPY (NZドル/円)
CAD/JPY (カナダドル/円)
CHF/JPY (スイスフラン/円)
ZAR/JPY (南アフリカランド/円)
HKD/JPY (香港ドル/円)
SGD/JPY (シンガポールドル/円)
EUR/USD (ユーロ/米ドル)
GBP/USD (ポンド/円)
AUD/USD (豪ドル/米ドル)


★主なスプレッド

USD/JPY(米ドル/円)
2ポイント

EUR/JPY(ユーロ/円)
3.0ポイント

GBP/JPY(英ポンド/円)
5.0ポイント

AUD/JPY(豪ドル/円)
4.0ポイント

NZD/JPY(NZドル/円)
6.0ポイント


★お取引時間

月曜日午前7時から土曜日午前6時55分までの時間は、24時間お取引が可能です。
ただし、メンテナンス時間中は取引および取引ツールへのログインをすることができませんのでお気をつけください。
また、米国夏時間適用期間中は、営業時間が異なります。

【冬時間適用期間】
11月の第1日曜〜3月の第2土曜
【営業時間】
日本時間の月曜7:00〜土曜6:55


【夏時間適用期間】
3月の第2日曜〜11月の第1日曜
【営業時間】
日本時間の月曜7:00〜土曜5:55

★メンテナンス時間

火曜日〜金曜日 : 午前6:55 〜 午前7:10
土曜日 : 午前7:10 〜
日曜日 : 午前0:00 〜 午前6:00


★最低単位

各1,000通貨単位〜可能


★注文上限

1回の発注数量は500万通貨まで
ポジション上限は全通貨の合計で5,000万通貨まで


★スワップ金利

期間固定レートにて毎日発生。
異なる通貨のうち、高金利通貨を買い持ちした時には、もう片方の通貨との金利差を受取る(利益)ことになり、売り持ちした場合には金利差を支払う(損失)ことになります。

ポジションを保有し、ニューヨーク時間のクローズをになると、スワップ金利が余力に発生いたします。
現金として授受できるのは翌営業日ニューヨーク時間のクローズ後となります。
※国内外の祝祭日の影響により、ニューヨーククローズ時点でポジションを保有していてもロールオーバーが行われないため、スワップ金利が発生しない営業日があります。

注)スワップ金利や取引証拠金は為替相場の変動により変化時がありますので、最新情報につきましては、マネックスFXスワップポイントについての項目をご覧ください。


★ロスカット水準

証拠金維持率が50%を切った時


★入金と出金

・クイック入金は24時間いつでも入金ができます。

・普通入金は、入金日から概ね翌営業日以内にお客様の口座に反映します。

・出金は出金依頼後、概ね翌営業日以内にお客様の口座に入金いたします。

・クイック入金の振込み手数料は、マネックス証券で負担いたします。

・通常入金の振込み手数料はお客様のご負担になります。

・出金時の振込み手数料は、マネックス証券で負担いたします。


★その他

外国為替証拠金取引とは、原資や得利が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、相場の変化による価格変動やスワップ金利の変化により、マイナスが発生することがあります。

レバレッジ効果では、お客様がご入金になった元金以上の投資が可能となりますが、元金以上の赤字が発生する可能性もあります。個人のお客様のトレードに必要な元金は、各通貨ペアのレートにより決定され、お取引額の4%相当となります。

証拠金の25倍までの投資が可能です。(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引ができます。)

マネックス証券は法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全て返還されることを約束するものではありません。

ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で収まるというものではありません。通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失額はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によっては貴方よりお預かりした元金以上のマイナスが生じることがあります。

トレードの開始にあたり、マネックス証券の契約締結前交付書面をよくお読みの上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自分の決断にてお取引していただくようお願いいたします。


★会社概要
 
マネックス証券株式会社 (Monex, Inc.)

◆ホームページアドレス
http://www.monex.co.jp/

◆会社所在地
〒102-0083 東京都千代田区麹町二丁目4番地1

◆登録番号
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
貸金業者 東京都知事(2)第31319号

◆指定紛争解決機関
名称: 日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
所在地:〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15
電話番号:03-5739-3861

 

 

 

為替取引で損をしない極意は、レバレッジの倍率を低くして長期運用。

.

皆さんはどのタイミングで売買を決めていますか?為替取引でマイナスになる人のほとんどは、売買の時期を間違えています。
FX取引で大事なものは、長期の上昇トレンド、または下降トレンドから予測することです。一旦転換したトレンドは短くても4年、最長で8年は持続していくとエコノミストの間では言われています。
もう上がらないだろうと感じた場所は、まだまだ上昇の途中であることが多いのです。
なので、ドル/円の上昇トレンド中に円を購入するのはできればしない方が良いのです。

ところが、どちらかだけに値動きするばかりがFXではありません。10円ほど上昇を続けた通貨はほとんどの場合どこかで調整という急落があり、半値ほどは値を戻します。
このところでいうと、2012年の終わり頃に80円台から上昇を続けたドル/円は、2013年5月に103円をつけた後、2013年6月には93円まで戻しており、翌月からまた上昇トレンドに戻っています。
その後、しばらく急騰を続け、2014年の9月に110円をつけた途端105円台まで調整があり120円まであっという間に上昇しました。

最高値または最安値更新が連続している中で、調整は急に始まります。そして、調整に入ると様々いるエコノミストや経済アナリストなどはトレンドが変わったと騒ぎ立てます。誤った情報に惑わされ、「ドルが上昇しているから、ドルを購入しよう」と思って通貨投資を開始したはずなのに、何故かドル売りして大きな赤字を抱えていたなんてことはよくあります。

とりわけ最初のうちは、ほとんどがこの調整で損切りを避けられず、大きな損を出してしまいます。ですから、高値の時は仮想トレードで練習を積み重ねるか、レバレッジをなるべく低くして取引投資を行った方が良いでしょう。

レバレッジの効かせ方はFXで最も重要なことです。高値更新中から500pipsの調整があった際、10倍以上のレバレッジを聞かせていると、ロスカットになってしまう可能性があります。それから、せっかく高値更新があったとしても、その時に大損をしていてはどうしようもありません。
投資で勝てる人は、予測を違えて高値で買ってしまったとしても、レバレッジを抑え、下がりきった所で追加購入することで、値が戻って更に高値更新を続けた際に途方も無い利益を手にするのです。